FX

【Crown】2009年度版完全自動売買ソフト

◆ 【Crown】 2009年度版完全自動売買ソフト◆ 

 

このブログでは、FXで一時的には勝てても、長いレンジでは負けてしまう、または、ずっと調子よく勝っていてもある日、一気に儲けをはき出してしまうということを繰り返しているという、多くのFXに取り組んでいる方に、長期にわたり、安定して勝ち続け、しかもロスカットや大きなドローダウンを避けることができるという、一流プログラマーの苦心の作である「FX自動売買ソフト」をご紹介します。

このシステムの運用結果をを知人に見せますと常に誰もが「ありえない」「信じられない」と驚くのですが。
実は驚くのはまだ早いです。 なぜか・・・
結論から言いましょう。

実はこの「FX自動売買システム」では、3通貨ペアの同時運用をしています。
通常、世間一般には、1通貨ペアだけの運用を行うハイリスクな自動売買ソフトが多いです。
このソフトは安定的に勝てる3つの通貨ペアを組み合わせ、リスクを極限まで抑えた運用を可能にしているのです。

以下に通常の「FX自動売買ソフト」との違いをご説明します。

【他の自動売買ソフトとはここが違う】

1.信頼性のある、バックテスト、フォワードテスト手法でロジック開発を行っている。

長期間かつ複数のヒストリカルデータを用いて、信頼性のあるバックテスト、フォワードテスト手法でロジック開発を行っていることです。
上記にご説明した3通過ペアによる運用もそのうちのひとつです。

2.ポジションはほとんど、昼〜夕方までにクローズされる
次に、「Crown」のトレードスタイルの特徴を下記にまとめてみました。

・アジア時間の月曜日〜金曜日のAM4:00〜AM9:00に条件が合えばエントリー。
 AM9:00を過ぎると新規エントリーしない。

・利益確定は細かく行われ、条件が合えば日に2、3回シグナルが点灯する。

・またAM11:00時点で含み益があれば強制決済。

・取引は一日1〜3回程度、取引時間は数分〜数時間、最大でも十数時間で取引終了。


・各ポジションはエントリー時点でストップロスを設定するので、安心して自動売買に任せる ことができる。

仮に、含み損を抱えていた場合は、最大夜までポジションを保有する事もありますが、その間にたいてい仕切られます。

いわゆる、ロスカットですね。

そして、通常、自動売買ソフトなどは、夜中に決済などが行われる可能性があるため、PCの電源を常につけっぱなしという自動売買ソフトが多いです。

これはPC自体にも負担がかかりますし、デメリットの一つですよね。

ただ、今回紹介する「Crown」は午前中か昼から夕方までの間に決済されるため、一日中PCをつけておく必要がありません。


3.1回の固定ロットで、最大ドローダウンは、バックテストではたったの2.93%

「Crown」においては、投資資金(元金)が1倍の固定ロットの状態で、最大ドローダウンはバックテストでたったの2.93%


例えば、100万円を運用資金として運用を行い、10万円の損失が発生し90万円となった場合、ドローダウンは10%ですよね?この「Crown」の場合、最大の損失が、たったの29300円で済むのです。

しかも、

今回3つの通貨ペアの同時使用が可能です。


1通貨システムの単独使用でも、安定した収益が得られますが、3つの通貨ペアを同時に使用することによって、リスク分散を行い、より安定したパフォーマンスが得られるようになります。

この徹底したリスクマネジメントによって、資産の崩壊を回避し、尚且つ利益を出すという、他に類を見ない、安全な資産運用が可能となるわけです。

◆ 【Crown】 2009年度版完全自動売買ソフト◆ 


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。